骨格診断

骨格診断では「スタイルアップ」のコツがわかる!

骨格診断では、スタイルアップにつながる着こなしがわかります。

たとえば、お洋服を選ぶ際にこんなお悩みが浮かぶことはありませんか?

  • 「マネキンと同じコーデなのになんだかしっくりこない
  • 「太ってないのに着太りして見える
  • 「なんだか脚が太く見える
  • ごつごつした印象どうにかならないかな」

実はそのお悩み、骨格が関係しているかもしれません!

骨格で似合う服と似合わない服がある

骨格によって似合う服と似合わない服があります。

というのも「骨の発達度合い」「肌の質感」は実は人それぞれ違うからです。

骨格診断は、左から順に、骨格ストレート、骨格ウェーブ、骨格ナチュラルという3タイプにわかれます。

正面から見ると、首の太さや鎖骨の出かた、肩はば、骨盤の形など少しずつ違っているのがわかります。

次は横から見てみましょう

バストの位置やおしりの出かたなどが違ってきますね。

普段はあまり気にすることがないかもしれませんが、骨格は人と比べるとその違いがよくわかりますね。

なぜ骨格によって似合う服と似合わない服があるのか

例えば、丸・四角・三角の模型にそれぞれ同じ布をかぶせると、布はそれぞれの形に添って形を変えます。もともとの土台の形が違えば、同じような見た目にはなりません。

これと同じで骨格タイプの違う人が、同じ洋服を着ていても、着こなしが全く異なって見えます。垢ぬけて見える服の形と質感がタイプによって異なるのです。

また骨格は、年齢体重で変化しません。


どんな「形」「質感」の服がスタイルアップして見えるのか知っておくだけで、ワンランク上の垢ぬけが叶います。

  • 体の厚みがしっかりしている ⇒ 太ってるわけじゃない
  • やわらかくてふにふにする体 ⇒ やわらかい肌質なだけ
  • なんだか垢ぬけない ⇒ 服のバランスが合ってないのかも

こんな風に自分の体に対する悩みがわかるかもしれません。

骨格診断は3タイプに分かれますが、パーソナルカラー診断と同じで、すべての人がきっちり3タイプに分かれるわけではありません。

自分はどのタイプの傾向が強いのか、自分の身体にはどんな特徴があるのか、骨格診断で、あなただけの似合う着こなし方法を知って、スタイルアップをはかりましょう♪

太っていることや痩せていることを気にする方は多いですが、それに比べると骨格を気にされる方は多くはありません。

垢ぬけない理由は意外にも骨格が関係しているかもしれないので、骨格診断で

お洋服の形で、似合っていない、似合わない

骨格が違えば、もらった服が似合わない。


自分の体の特徴はよくわかっているような気がしても、他人とどこが違うのかに気づける機会はあまりありません。意外にもほかの人にはない部分が魅力だったりします。

骨格は大きく3タイプ

骨格診断では、似合うお洋服の「形」と「質感」が分かります。まれにミックスタイプの方もいらっしゃいますが、基本的には

ベースを知っておくとコーディネートで気を付ける着こなし、気を付ける素材

骨格診断は大きく3つのタイプに分けられます。

  • 骨格ストレートタイプ
  • 骨格ウェーブタイプ
  • 骨格ナチュラルタイプ

骨格診断は他にも7タイプ




自分の骨格タイプを知ることで似合う着こなしができるようになります。
同時に、似合わない着こなしもわかるので、似合いづらい服を選んでしまう回数を減らすことができます。

骨格ストレート

 特 徴 >
  • 手に厚みがあり、肉感がある
  • 関節が目立たない
  • バストの位置が高い
  • 首が短め
  • 鎖骨や肩甲骨はあまりみえない
  • 胴に丸みがあり筒状
  • 肌にハリ感があり、筋肉質
  • ヒップの位置が高い
  • ひざ下が細い
< 着こなしの悩み >
  • 着ぶくれしやすい
  • 太って見えやすい
  • 流行の服が似合いにくい
  • シワ加工の洋服がだらしなく見える

骨格ウェーブ

 特 徴 >
  • 手は指に向かってほっそりしていて薄い
  • 肩がなだらかに下がっている
  • バストの位置が低い
  • 首が長め
  • 鎖骨や肩甲骨は華奢に出ている
  • 胴長で薄い
  • 肌はやわらかくふわふわしている
  • 腿の付け根あたりのハリ感が気になる
< 着こなしの悩み >
  • 胸元の空いた服は寂しく感じる
  • カジュアルが苦手
  • 似合うパンツが見つかりにくい
  • ビッグシルエットや丈の長いものは着られてしまう

骨格ナチュラル

 特 徴 >
  • 手は骨間があり、節が目立つ
  • 肩や肩甲骨の関節が目立つ
  • 身長に対して手足が大きい
  • バストは控えめ
  • 腰骨が大きい
  • 肌の質感はマット
< 着こなしの悩み >
  • 肩幅が気になる
  • 女性らしさが出にくい
まとめ



お洋服屋さんに置いてある、自分では着ないタイプの服は、自分とは違う骨格の方に似合うのかも。色んな形のお洋服が置いてあるんですね。

骨格をもとに筋肉や脂肪の付き方も異なりますので、「太っている」と思い込んでいたものが意外にも「体に厚みがある」タイプだっただけということもあります。

  • 「薄い体型になりたい」
  • 「太ももがほっそりしているのが羨ましい」
  • 「女性らしい恰好が何となく似合わない」
  • 「流行の服が似合わない」
  • 「洋服に着られてしまう」
  • 「いつも同じようなコーデになってしまう」

お洋服屋さんには色んな形の服があるのに、流行の形が似合わなかったり、お洋服に着られているように

もらった服が似合わない

ほかの人に似合うものが似合わないというのは、骨格も一つの原因です。
(顔タイプが合っていない場合もあります)